好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


小学館 ガガガ文庫
とある飛空士への誓約5 /犬村小六

――いま行くよ、クレア。
――愛おしい、風呼びの少女。
――きみのいる空へ。

いやー、秋津連邦との開戦。拷問による獄中死を待つばかりの清顕とかぐや、という重い展開にもかかわらず、まさかのアリーメンしか頭に残ってない(笑)。というか、↑は、『恋歌』のラストからの引用なのだけど、ここでこう来るかーーーっっっ!! イリアと清顕の泣けるシーンとかもあったはずなのに、全部、『恋歌』サイドに持ってかれた印象。クレア登場とはいえ、ここまでガチに『恋歌』に繋げてくるとは思ってなかったよ。バレステロスと、セントヴォルト、秋津連邦の同盟みたいな展開が示唆されるとなると、えっと、イリアと清顕の敵味方わかれて戦うという話は、いまいち魅力半減だよね。ストーリーの軸は、もはや、『恋歌』のカルエルとクレアになっていきそうな気がするんですが(^^;。

それにしても、今回の主役のバルタザール、わかり易くていい奴だなぁ。

[ 2014.04.26 ]