好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! - 2014年12月


2014 12 4

集英社 ダッシュエックス文庫
六花の勇者5 /山形石雄

なんだっ!! この、騙し騙され、読者すら騙すような展開はっっっ!!!!

一年数ヶ月ぶりの『六花の勇者』だけど、相変わらず、キャラ同士の知力を駆使した騙し騙され、綱渡りな展開と、それを見事に読ませる構成が凄いな。テグネウの切り札「黒の徒花」。その「黒の徒花」は、ほんとうにフレミーなのか?という感じではじまるこの5巻だけど、愛を信じられないフレミーが切なすぎるっ!! そして、絶望的な状況でも、なんとかフレミーを守りきろうとするアドレットが、もう泣ける。愛だよ、愛っっっ!! 愛は偉大だっっっ!!

……そして、そこからあのラストですよ。うわぁ、なんというエゲツない、衝撃の展開。凄い、めちゃ凄いのだけど、どうなるんだぁ〜〜。また、なにか切り抜ける術があるんだろうか? どう考えても、ツライ展開しかみえねー。

[ 六花の勇者 ]


2014 12 8

アスキー・メディアワークス 電撃文庫
神様のメモ帳9 /杉井光

三年ぶりの新刊、そして、最終巻。ラストにふさわしい物語と結末で非常に満足。素晴らしかったです。

そゆわけで、ニート探偵・アリスと助手・ナルミのラストエピソードは、アリスの家族、紫苑寺家に関する騒動。まさかのアリスが事件の当事者ですよっ!! アリスの秘密に踏み込むには、こんな感じのエピソードしかないのはそうなんだけど、アリスの秘密はともかく、アリスとナルミの絆の見せ方が上手いな。婚姻届から同居話とか、どういう展開(^^;。そして当然、救出時にやりとりが、もうもうたまらないなぁ〜。

……ラストも、オーソドックスではあるのだけれど、だからこそ、非常に綺麗で、とにかく満足です。非常に好きなシリーズだったけれど、そのラストを飾るに相応しい最終巻でしたっ!!

[ 神様のメモ帳 ]


2014 12 15

小学館 ガガガ文庫
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(10) /渡航

三年への進級を前に行われる進路調査。同じクラスになることを望む三浦を前に、葉山の選択は……。と、いやー、今までと違う態度を見せる葉山と、そんな葉山にやきもきする三浦という構図で、恋する乙女然として三浦可愛いわー。

それにしても、私は理系以外考えられない成績だったので、同じクラスになるため/ならないために、進路を選択するという考えは、ちと感心した。さすが、リア充グループだ。そして、そういう考えから完全に無関係な八幡は、さすがすぎる(笑)。ただ、なんやかんやで交友関係を広げている八幡だけど、その八幡周りの関係は、今回はあまり進展なしか。雪乃の噂にもまったく揺るがないあたり、今後、どういう風に進むんだ? 次あたりで、バレンタインデーとか小町の受験とかの季節だと思うのだけど、なにか動きがあるのかしらん?

[ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ]


ぽかいもの。電撃文庫、新刊。
  • [文庫] 白銀のソードブレイカーIII ―剣の遺志― /松山剛 (→Amazon)
  • [文庫] ウィザーズ・ブレインIX 破滅の星<上> /三枝零一 (→Amazon)
  • [文庫] ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインI ―スクワッド・ジャム― /時雨沢恵一 (→Amazon)

2014 12 17

今日でWebサイト開設19年。ブログも今月末には19年になります。

ココログの「ブログってどうやって誕生したの?」によれば、“1996年2月に、米国の IT カルチャーの情報誌「WIRED」の寄稿編集者であるデイブ・ワイナー氏が、米国通信品位法に対抗する「24時間デモクラシー」という企画を立ち上げたのがブログのはじまり” とあって、世界初のブログは1996年2月に誕生したらしい。うちはさらに古い1995年12月開始なので、つまり、このブログが世界で一番古いということかっ!! や、「最古のブログ、覚え書き | Hinemosu」を見ると、世界で三番目ぐらいになりそうですが。

19年前は、アニメの『愛天使伝説ウェディングピーチ』を見て、ライトノベルでは小泉まりえの「好き」シリーズに嵌り、少女マンガの『怪盗セイントテール』や『I LOVE YOU』の読み、声優の椎名へきるや菊池志穂を追っかけてと、月日の流れの中で置いてきてしまったものもあるけれど、基本、そんなに変わってないかなー。

まあ、19年もブログを続けてきたので、ブログを書くにあたって気をつけている点を3つほど纏めてみようと思います。ライトノベルの感想中心のブログなんで、基本的に、ライトノベルの感想を書くときに気をつけていること、になりますが。

1. せめて、好きか/嫌いかぐらいは伝わるように書く

いやー、ブログを書いてると、とにかく書いたことが読み手の人にぜんぜん伝わらないんですよー。読む人によって、まったく違う受け取られ方をされることが日常茶飯事です。さすがに180度異なる受け取れ方をされるのはツライので、できるだけ、「駄作」とか「ゴミ」とか「最高傑作級」とか、わかりやすく強い言葉で冒頭にはっきりと書くようにしています。そのせいでご意見いただくこともありますが、でも、それだけやっても伝わらないことが多いんですよ。「ゴミ」と評したにもかかわらず、「いちせさんが褒めていたので買ってみました」とコメントをいただくときの絶望を、たぶんあなたは知らない。

2. 背伸びをしない

よそ様のブログを見てると、たまに意識の高いブログを見かけることがありますが、それ、絶対続かない……。それに、ブログの書き手って、わりと業界関係者が多く、さらに東大京大辺りを卒業した天才的に頭のいい奴や桁違いに本を読んでいる奴もゴロゴロいるわけです。そんな凄い人たちに情報や考察で勝てるわけもなし、それに、そういう凄い人も含め、みんなで頭の悪いことを書くのがブログのブログらしさだと信じているので、一生懸命凄いことを書こうとするのって、それ、いろいろと間違っていると思う。

3. 人のコメントは好意的に解釈する

「ゴミ」とか「バカ」とか書いているせいかもしれませんが、それなりにコメントをいただくことがあります。ただ、自分もそうですが、酷いコメントをしていても、本気で殺意を込めて書いてることはほとんどないので、できるだけ好意的に解釈するように努めています。それに私のところに来るお叱りのコメントって、「せいぜい数冊しかライトノベルを読んだことない奴が文句を言うな」というのが、何故か多いんですよね。一応、数千冊は読んでると思うんですが。や、どうも、ライトノベルの感想中心なので、「最近になって本を読み始めた中学生が書いてる」と思われてるような……。

なにはともあれ、あと一年で20年。生きていれば、あと1年でも10年でも続けられると思いますが、今後ともよろしくお願いいたしますー。

[ ブログを19年続けて気をつけていること ]


2014 12 20

アスキー・メディアワークス 電撃文庫
ウィザーズ・ブレインIX 破滅の星<上> /三枝零一

ここには、もう、絶望しかない

天樹真昼の死をきっかけにした、賢人会議と人類との全面戦争。少し前まで、悲劇的な世界に微かな光が見え隠れしていただけに、いっきに破綻に突き進む展開が、まさに絶望ですよっ!! 魔法士と人類の共存がもはや望めなくなったばかりか、主要キャラが敵味方別れて殺し合いを行う展開。凄まじすぎるっ!!

賢人会議にサクラ、ディー、セラ。シティ側にイル、ファンメイ、エド。世界再生機構に祐一、クレア、ヘイズ。あとは、どっちつかずの錬とフィア。たまに忘れるけれど、祐一以外は、だいたい幼児小中学生ぐらいなので、小中学生が世界の命運を担っているとか恐ろしいな。特に、描かれていない構成員も含めて、たぶん凄く低年齢な賢人会議。主要な魔法士の中で唯一大人な祐一は、シスター・ケイトやルジュナのように政治力を持ってないし、若者らしい勢いもないので、かなり不遇な扱いで酷い。最強なのに……。

サクラの言う全人類の殲滅は、たぶん、人類皆殺しではなくI-ブレインの移植による全人類の魔法士化辺りが狙いじゃないかと推測してるのだけど、それにしては、問題を解決するような伏線がまったくないどころか、むしろ周到に希望の芽を摘みまくってるのが酷い。真昼の遺言を見て決断した辺りで、少なくとも、本気で人類皆殺しを考えているわけではないと思うのだけど……。

しかし、真昼の遺言は、サクラと錬宛てだったハズなのに、錬は見せてもらってないばかりか、トバッチリ受けまくりで、さらに、なじられるとか、錬が不憫すぎるなっ!! てか、フィアはどうなる!?

[ ウィザーズ・ブレイン ]


2014 12 22

講談社 講談社ラノベ文庫
彼女がフラグをおられたら こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね! /竹井10日

現実世界に戻った第二部の二冊目。前巻、前々巻とめちゃくちゃ怒涛の展開だったのだけど、ひとまず落ち着いたのかしらん? しかし、まさかのNo.0の参戦とか、どういう展開だよっ!! ……第一部ヒロインの再参入は、あとがきが、せ、せりきゃん(笑)。せりきゃんはホント、どうするんだろう。

わりと危機的状況は変わらないハズなのに、逆修羅場なドタバタラブコメの雰囲気に戻りつつあるけれど、ここ数巻でいろいろなことがありすぎて、微妙についていけてないぞ。しばらくは、まだ合流していないヒロインたちが再度クエスト寮に集まってくる流れなのかしらん? クエスト寮を中心とした雰囲気は暖かく楽しく好きなので、せりきゃんも早めに再登場してほしいなぁん。

[ 彼女がフラグをおられたら ]


ここ数週間、体調不良すぎて、アカン……。

ぽかいもの。
  • [文庫] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(3) /大森藤ノ (→Amazon)
  • [文庫] 天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART 2 /小川一水 (→Amazon)
  • [文庫] 紅 kure-nai 〜歪空の姫〜 /片山憲太郎 (→Amazon)
『紅』は6年半ぶり? 「醜悪祭」の期待感から「祭りの後」の失望への流れが酷かっただけに(『醜悪祭』『祭りの後』感想まとめ)、ちゃんと続きが出たのも驚きだけど、肝心の内容はどうなんだろう……。

2014 12 24

2014年も残りわずかということで、今年下半期に注目された作品を振り返ってみようと思います。

好きなライトノベルを投票しよう!(好きラノ) 向けに 2014年下期に発売された主なライトノベルのリスト を纏めていますが、ノベライズを除いて約870タイトルほど。この中で、比較的話題に上った作品について、以下に纏めてみます。ちなみに、好きラノ2014年下期の投票は、12/28(日)から二週間の予定です。ウェブサイトをお持ちの方であれば、どなたでも参加可能ですので、ご投票よろしくお願いいたしますm(__)m。

このラノ連覇&三冠『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』

宝島社の発行する『このライトノベルがすごい!』で、圧倒的な人気を示した『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』。「好きラノ」でも、2012年下期で1位を獲得して以降は、毎回、5位以内にランクインしています。ライトノベルを読む幅広い層から、今いちばん人気を集めている作品であることは間違いありません。

スーパーダッシュ文庫、本気のリニューアル『親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。』

11月にスーパーダッシュ文庫からリニューアル創刊したダッシュエックス文庫。これにあわせて、あの片山憲太郎の『紅』の新刊を担ぎ出してくるなど、旧スーパーダッシュ文庫編集部の本気を感じさせるリニューアルになっています。創刊メンバにアサウラ、松智洋 、丈月城、山形石雄と、野村美月、杉井光、鈴木大輔、榊一郎を揃えてくるのが凄いよね。この中で、特に反響が大きかったのが、野村美月の『親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。』。ファミ通文庫の文学少女シリーズで名を馳せる野村美月に、いかにも本領発揮する三角関係ラブストーリーを書かせるとか、もうね。……これでダッシュエックス文庫は、あと、『R.O.D.』の続編もあわせてきたら、マジ凄かったんですけど。

あの新潮文庫もラノベに参戦!? 竹宮ゆゆこ『知らない映画のサントラを聴く』

老舗文庫レーベルで日本/世界の多くの文学作品を刊行する新潮文庫が、まさかのライトノベルレーベルを創刊。正確には、新レーベルというよりも「新潮文庫」レーベルのサブカテゴリで、新潮文庫の枠内でライトノベル寄りの方向性を狙ったもののようだけど。その新潮文庫nexが、創刊ラインナップの目玉に用意してきたのが、『とらドラ!』の竹宮ゆゆこが放つ『知らない映画のサントラを聴く』。……発表時に谷川流の名前があり、谷川流の新作を用意してきたら、ほんとに凄かったんだろうけど、電撃文庫の『絶望系』の再販だったので、そこは残念。

アニメ化予定で注目のライトノベルといえば、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

2014年の夏秋アニメでも、以下のようなライトノベル原作のアニメ化作品が放送されています。

  • 魔法科高校の劣等生
  • ソードアート・オンライン(二期)
  • 六畳間の侵略者!?
  • 人生
  • 精霊使いの剣舞
  • 魔弾の王と戦姫
  • 異能バトルは日常系のなかで
  • 甘城ブリリアントパーク
  • 棺姫のチャイカ(二期)
  • 俺、ツインテールになります。

2015年冬以降にアニメ化が計画されているのは、二期を除くと、以下のような感じでしょうか。

  • 2015年1月 開始
    • 聖剣使いの禁呪詠唱 /あわむら赤光
    • 銃皇無尽のファフニール /ツカサ
    • アブソリュート・デュオ /柊★たくみ
    • 新妹魔王の契約者 /上栖綴人
  • 2015年4月 開始予定
    • 空戦魔導士候補生の教官 /諸星悠
  • 開始時期未定?
    • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか /大森藤ノ
    • 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 /七月隆文
    • 六花の勇者 /山形石雄

この中で、「このラノ」「好きラノ」で人気が高いのが『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』と『六花の勇者』。特に、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、これからアニメ化に向かって、「このラノ」で絶対的な人気を集めている『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』の連覇を阻みそうな作品の最右翼ではないでしょうか?

最後に注目新人作品『ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜』

2014年下半期に、主なレーベルの新人賞経由で刊行された作品は以下のとおり。30タイトルほどある中で、特に話題になったのは、(ライトノベルにもかかわらず)社畜をネタにして話題になった『星降る夜は社畜を殴れ』と、比較的高評価なMF文庫Jライトノベル新人賞の中でも、特に正統派ラブコメとして評価の高い『ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜』でしょうか。

  • 第26回ファンタジア大賞
    • 準大賞: 死線世界の追放者
    • 金賞: オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む? /岬かつみ
    • 金賞: 100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない /割石裂
    • 銀賞: 今すぐ辞めたいアルスマギカ /氷高悠
  • 第19回スニーカー大賞
    • 優秀賞: 大魔王ジャマ子さんと全人類総勇者 /岬かつみ
    • 特別賞: 星降る夜は社畜を殴れ /高橋祐一
    • 特別賞: 異界の軍師の救国奇譚 /語部マサユキ
  • 第13回スーパーダッシュ小説新人賞
    • 大賞: ファーレンハイト9999 /朝倉勲
  • 第10回 MF文庫Jライトノベル新人賞
    • 最優秀賞: Yの紋章師 /越智文比古
    • 優秀賞: 逃奏劇リアクターズ(1) 阿頼耶識冥清の非日常 /塀流通留
    • 佳作: ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜 /暁雪
    • 審査員特別賞: イケニエハッピートリガー /未味なり太
  • 第8回HJ文庫大賞
    • 大賞: 光刃の魔王と月影の少女軍師 /桜崎あきと
    • 金賞: 搭乗者科の最下生 /志木謙介
    • 銀賞: クロス†ウィザード ―魔術都市と偽りの仮面― /しきや
    • 銀賞: ディアヴロの茶飯事 /斜塔乖離
    • 銀賞: 絶滅危惧種の左眼竜王 /千月さかき
  • 第8回小学館ライトノベル大賞
    • 優秀賞: クレイジーハットは盗まない /神無月セツナ
    • 優秀賞: スチームヘヴン・フリークス /伊崎喬助
  • 第6回GA文庫大賞
    • 優秀賞: ガンソード.EXE ―異能の騎士と忘却の少女― /北川まんた
    • 優秀賞: 少年給魔師と恋する乙女 /御子神零
    • 優秀賞: 神楽剣舞のエアリアル /千羽十訊
    • 奨励賞: 魔王子グレイの勇者生活 /広岡威吹
  • 第5回このライトノベルがすごい!大賞
    • 最優秀賞: 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 /はまだ語録
    • 栗山千明賞: 【急募】賢者一名(勤務時間は応相談) 勇者を送り迎えするだけのカンタンなお仕事です /加藤雅利
  • 第3回講談社ラノベ文庫新人賞
    • 優秀賞 ウィークエンド・ドラゴン /星見圭
    • 佳作: 星撃の蒼い魔剣 /椎月アサミ
  • 第1回オーバーラップ文庫WEB小説大賞
    • 金賞: 聖樹の国の禁呪使い(1) /篠崎芳
    • 銀賞: かくて聖獣は乙女と謳う(1) /陸理明
    • 銀賞: 魔剣戦記(1) 〜異界の軍師乱世を行く〜 /藍藤ユウ

[ 2014年下期に注目されたライトノベル ]


2014 12 25

早川書房 ハヤカワ文庫JA
天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART 2 /小川一水

ジャイアント・アーク!!! 世界を覆う天井、方舟以外に、そんな意味も重ねていたのかっ!!! そんなところまで飛び出して、救世群は、ミヒルはいったいなにをやってるんだ??

そゆわけで、咀嚼者の襲撃を受け、暗闇に閉ざされたメニー・メニー・シープ。大統領エランカは復興のため困難な闘いに挑み、カドム、イサリたちは、真実を求めて世界の外へ旅立つ。と、太陽系覇者である咀嚼者の襲撃で、一気に滅亡寸前まで陥るのかと思ったら、わりと頑張るのね人類。むしろ、ラストに向けて、明るい兆しが見え隠れするような、そんな展開が散見されるような……。一方、世界の真実は、いまだ上手く情報が隠されていて、気になる気になる。マジ、どうなってるのよ、セレスは!?

それにしても、イサリにとっては1年前というのが、いろいろなところでクるものがあるな。動きを見せないミヒルが不気味で仕方ないのだけど、とにかく続きが楽しみすぎるっ!!

[ 天冥の標 ]


2014 12 26

2014年下期に注目されたライトノベルで2014年下期の新人作品を纏めてたら興が乗ったので、上期も含めてリストにして、ついでに、各作品の読書メーターの感想・レビュー数なども調べてみました。主なライトノベルレーベルの新人賞受賞作品の中から今年デビューした作品は、53タイトルになります。

纏めてみると、やはり、新人賞のブランドでは電撃小説大賞が圧倒ですが、ファミ通文庫、ガガガ、スニーカー文庫も一定の存在感を示している印象です。また、電撃小説大賞の中では、大賞の『ゼロから始める魔法の書』を読んでいる人が多い一方、人気は銀賞の『王手桂香取り!』が圧倒しているようです。

読書メーターで人気の新人作品

読書メーター の感想・レビューの多い10作品を纏めてみました。電撃小説大賞のブランド力が圧倒的ですね。特に、大賞の『ゼロから始める魔法の書』は、とりあえず押さえる人が多いようです。あと、発売から期間が長いほど感想・レビューが増える傾向が強く、11月発売のMF文庫Jライトノベル新人賞などは、あまり存在感がありません。

  • 527: ゼロから始める魔法の書 /虎走かける(電撃文庫)
  • 285: 王手桂香取り! /青葉優一(電撃文庫)
  • 243: 水木しげ子さんと結ばれました /真坂マサル(電撃文庫)
  • 187: 夏の終わりとリセット彼女 /境田吉孝(ガガガ文庫)
  • 136: 給食争奪戦 /アズミ(電撃文庫)
  • 133: 韻が織り成す召喚魔法 ―バスタ・リリッカーズ― /真代屋秀晃(電撃文庫)
  • 131: 思春期ボーイズ×ガールズ戦争 /亜紀坂圭春(電撃文庫)
  • 115: リーガル・ファンタジー(1) 勇者弾劾裁判 /羽田遼亮(ファミ通文庫)
  • 114: 魔装学園H×H /久慈マサムネ(スニーカー文庫)
  • 107: ハロー・ワールド ―Hello World― /仙波ユウスケ(講談社ラノベ文庫)

各レーベルの1位を纏めると、以下のようになります。さすがに先月、今月発売の作品は、まだ感想・レビューの数が少ないです。

  • 527: ゼロから始める魔法の書 /虎走かける(電撃文庫)
  • 187: 夏の終わりとリセット彼女 /境田吉孝(ガガガ文庫)
  • 115: リーガル・ファンタジー1 勇者弾劾裁判 /羽田遼亮(ファミ通文庫)
  • 114: 魔装学園H×H /久慈マサムネ(スニーカー文庫)
  • 107: ハロー・ワールド ―Hello World― /仙波ユウスケ(講談社ラノベ文庫)
  • 97: ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜 /暁雪(MF文庫J) ※11月発売
  • 78: オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む? /岬かつみ(富士見ファンタジア文庫)
  • 41: 搭乗者科の最下生 /志木謙介(HJ文庫)
  • 39: 聖樹の国の禁呪使い(1) /篠崎芳(オーバーラップ文庫)
  • 33: 神楽剣舞のエアリアル /千羽十訊(GA文庫)
  • 28: 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 /はまだ語録(このラノ文庫) ※11月発売
  • 27: あいまね! ―Idol is money!?― /平山ひろてる(一迅社文庫)
  • 9: ファーレンハイト9999 /朝倉勲(ダッシュエックス文庫) ※12月発売

ライトノベル系ブログでよく読まれている新人作品

ブログの感想を収集している ライトノベル感想リンク集 の各タイトルのリンク数上位の一覧です。やはり、電撃小説大賞は強いですね。あと、このラノ文庫と『リーガル・ファンタジー』は、出版社から各ブログに広く献本されてたりするので、感想数が多くなっています。

  • 13: 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 /はまだ語録(このラノ文庫)
  • 12: リーガル・ファンタジー(1) 勇者弾劾裁判 /羽田遼亮(ファミ通文庫)
  • 10: 【急募】賢者一名(勤務時間は応相談) 勇者を送り迎えするだけのカンタンなお仕事です /加藤雅利(このラノ文庫)
  • 9: ゼロから始める魔法の書 /虎走かける(電撃文庫)
  • 9: 王手桂香取り! /青葉優一(電撃文庫)
  • 7: 韻が織り成す召喚魔法 ―バスタ・リリッカーズ― /真代屋秀晃(電撃文庫)
  • 6: 思春期ボーイズ×ガールズ戦争 /亜紀坂圭春(電撃文庫)
  • 5: 水木しげ子さんと結ばれました /真坂マサル(電撃文庫)
  • 5: Yの紋章師 /越智文比古(MF文庫J)
  • 5: 奇械仕掛けのブラッドハウンド /ついへいじりう(ガガガ文庫)
  • 5: クレイジーハットは盗まない /神無月セツナ(ガガガ文庫)

『このライトノベルがすごい! 2015』『好きなライトノベルを投票しよう!!』のランクイン作品

『このライトノベルがすごい! 2015』でランクインしているのは、下記の2作品。投票対象は、2014年9月30日までに発売された作品なので、MF文庫J、OVL文庫等はそもそも対象外。好きラノの結果も含めてみると、必ずしも、よく読まれている作品が票を獲得しているわけではないことが見て取れます。『スチームヘヴン・フリークス』は、読書メーターでも、ライトノベル感想リンク集でも、特に多くの人に読まれているわけではないのに、この順位はかなり驚異的です。

  • 27位: スチームヘヴン・フリークス /伊崎喬助(ガガガ文庫)
  • 34位: 王手桂香取り! /青葉優一(電撃文庫)

好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年上期 で一票以上投票された作品は以下のとおり。『このライトノベルがすごい! 2015』でランクインしていた『王手桂香取り!』が、こちらでも圧倒的に票を集めています。ちなみに、『スチームヘヴン・フリークス』は7月発売で下期作品のため入っていません。

  • 7票: 王手桂香取り! /青葉優一(電撃文庫)
  • 2票: 給食争奪戦 /アズミ(電撃文庫)
  • 2票: 韻が織り成す召喚魔法 ―バスタ・リリッカーズ― /真代屋秀晃(電撃文庫)
  • 2票: リーガル・ファンタジー1 勇者弾劾裁判 /羽田遼亮(ファミ通文庫)
  • 2票: 魔装学園H×H /久慈マサムネ(スニーカー文庫)
  • 2票: 神武不殺の剣戟士 アクノススメ /高瀬ききゆ(ファミ通文庫)
  • 1票: 夏の終わりとリセット彼女 /境田吉孝(ガガガ文庫)
  • 1票: 奇械仕掛けのブラッドハウンド /ついへいじりう(ガガガ文庫)
  • 1票: サービス&バトラー /望月唯一(講談社ラノベ文庫)
  • 1票: ストレンジ・エッジ 異界の剣士と孤独の魔女 /椿博太(講談社ラノベ文庫)

ライトノベル新人賞からデビューしたタイトル一覧

  • 第26回/第25回ファンタジア大賞
    • 準大賞: 死線世界の追放者 /ミズノアユム
    • 金賞: オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む? /岬かつみ
    • 金賞: 100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない /割石裂
    • 銀賞: 今すぐ辞めたいアルスマギカ /氷高悠
    • 金賞(25): 心空管レトロアクタ /羽根川牧人
    • 銀賞&読者賞(25): ブルークロニクル /白星敦士
      ※ 『心空管レトロアクタ』『ブルークロニクル』は1月、『100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない』『死線世界の追放者』は8月、『オー・ドロボー!』は9月発売
  • 第20回電撃小説大賞
    • 大賞: ゼロから始める魔法の書 /虎走かける
    • 金賞: 韻が織り成す召喚魔法 ―バスタ・リリッカーズ― /真代屋秀晃
    • 銀賞: 思春期ボーイズ×ガールズ戦争 /亜紀坂圭春
    • 銀賞: 王手桂香取り! /青葉優一
    • 電撃文庫MAGAZINE賞: 給食争奪戦 /アズミ
    • 20回記念特別賞: 水木しげ子さんと結ばれました /真坂マサル
      ※ 『給食争奪戦』は6月、それ以外は2月発売
  • 第19回/第18回スニーカー大賞
    • 優秀賞: 大魔王ジャマ子さんと全人類総勇者 /岬かつみ
    • 特別賞: 星降る夜は社畜を殴れ /高橋祐一
    • 特別賞: 異界の軍師の救国奇譚 /語部マサユキ
    • 優秀賞(18): 魔装学園H×H /久慈マサムネ
    • 特別賞(18): 俺と彼女の青春論争 /喜多見かなた
      ※ 『魔装学園H×H』は2月、『俺と彼女の青春論争』3月、それ以外は8月発売
  • 第15回えんため大賞小説部門
    • 優秀賞: 奈落英雄のリベリオン /朝凪シューヤ
    • 優秀賞: リーガル・ファンタジー(1) 勇者弾劾裁判 /羽田遼亮
    • 特別賞: 神武不殺の剣戟士 アクノススメ /高瀬ききゆ
    • 特別賞: キルミルカタル 眼ノ宮瞳子の眼球探し /緋色友架
      ※ 『リーガル・ファンタジー』『キルミルカタル』は1月、『奈落英雄のリベリオン』『神武不殺の剣戟士 アクノススメ』は2月発売
  • 第13回スーパーダッシュ小説新人賞
    • 大賞: ファーレンハイト9999 /朝倉勲
      ※ 12月発売
  • 第10回 MF文庫Jライトノベル新人賞
    • 最優秀賞: Yの紋章師 /越智文比古
    • 優秀賞: 逃奏劇リアクターズ(1) 阿頼耶識冥清の非日常 /塀流通留
    • 佳作: ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜 /暁雪
    • 審査員特別賞: イケニエハッピートリガー /未味なり太
      ※ 11月発売
  • 第8回HJ文庫大賞
    • 大賞: 光刃の魔王と月影の少女軍師 /桜崎あきと
    • 金賞: 搭乗者科の最下生 /志木謙介
    • 銀賞: クロス†ウィザード ―魔術都市と偽りの仮面― /しきや
    • 銀賞: ディアヴロの茶飯事 /斜塔乖離
    • 銀賞: 絶滅危惧種の左眼竜王 /千月さかき
      ※ 『搭乗者科の最下生』『絶滅危惧種の左眼竜王』は10月、『光刃の魔王と月影の少女軍師』『クロス†ウィザード』『ディアヴロの茶飯事』は12月発売
  • 第8回小学館ライトノベル大賞
    • 大賞: 奇械仕掛けのブラッドハウンド /ついへいじりう
    • 優秀賞: クレイジーハットは盗まない /神無月セツナ
    • 優秀賞: スチームヘヴン・フリークス /伊崎喬助
    • 優秀賞: 夏の終わりとリセット彼女 /境田吉孝
    • 審査員特別賞: 血潮の色に咲く花は /霧崎雀
      ※ 『奇械仕掛けのブラッドハウンド』『夏の終わりとリセット彼女』『血潮の色に咲く花は』は5月、『クレイジーハットは盗まない』『スチームヘヴン・フリークス』は7月発売
  • 第6回GA文庫大賞
    • 優秀賞: ガンソード.EXE ―異能の騎士と忘却の少女― /北川まんた
    • 優秀賞: 少年給魔師と恋する乙女 /御子神零
    • 優秀賞: 神楽剣舞のエアリアル /千羽十訊
    • 奨励賞: 魔王子グレイの勇者生活 /広岡威吹
      ※ 『神楽剣舞のエアリアル』は7月、『少年給魔師と恋する乙女』は10月、『魔王子グレイの勇者生活』は11月、『ガンソード.EXE』は12月発売
  • 第5回このライトノベルがすごい!大賞
    • 最優秀賞: 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 /はまだ語録
    • 栗山千明賞: 【急募】賢者一名(勤務時間は応相談) 勇者を送り迎えするだけのカンタンなお仕事です /加藤雅利
      ※ 『着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活』は11月、『【急募】賢者一名』は12月発売
  • 第3回/第2回講談社ラノベ文庫新人賞
    • 大賞: ハロー・ワールド ―Hello World― /仙波ユウスケ
    • 優秀賞 ウィークエンド・ドラゴン /星見圭
    • 優秀賞: サービス&バトラー /望月唯一
    • 佳作: 星撃の蒼い魔剣 /椎月アサミ
    • 佳作: 揺り籠の悪魔と零のアリア /穂村健人
    • 佳作(2): ストレンジ・エッジ 異界の剣士と孤独の魔女 /椿博太
    • 佳作(2): シス×トラ /橘九位
      ※ 『シス×トラ』は3月、『ストレンジ・エッジ』『サービス&バトラー』は4月、『ハロー・ワールド』は5月、『揺り籠の悪魔と零のアリア』は6月、『ウィークエンド・ドラゴン』は7月、『星撃の蒼い魔剣』は8月発売
  • 第1回オーバーラップ文庫WEB小説大賞
    • 金賞: 聖樹の国の禁呪使い(1) /篠崎芳
    • 銀賞: かくて聖獣は乙女と謳う(1) /陸理明
    • 銀賞: 魔剣戦記(1) 〜異界の軍師乱世を行く〜 /藍藤ユウ
      ※ 『聖樹の国の禁呪使い』『魔剣戦記』は10月、『かくて聖獣は乙女と謳う』は11月発売
  • 一迅社文庫 New Generation Award 2012
    • 金賞: あいまね! ―Idol is money!?― /平山ひろてる
      ※ 1月発売

[ 2014年ライトノベル新人賞作品のまとめ ]


2014 12 28

集英社 ダッシュエックス文庫
〜歪空の姫〜 /片山憲太郎

6年半ぶりの新刊。裏十三家筆頭の≪歪空≫の一人娘・魅空が、真九郎争奪戦に参戦、という話なのだけど、アレ? これで終わり?? 裏十三家筆頭の化け物というわりには、わりとあっけなく決着がついてしまい、ええっと。なんだか、作者のリハビリ&今後の展開のための前座のような話だなー。

まあ、六年半たっても、片山憲太郎の歪んだ世界観は健在で、かつ重要なことだけど紫は相変わらず可愛いっ!! 一方、真九郎は、物凄く流されるタイプの性格すぎて、いちいち腹が立つ腹が立つ。ここまで、腹立つ奴でしたっけ? これは、紫や銀子が不憫すぎる。物語はあっけなく決着してしまい、ページ数的にも少なめなので、物足りなさは否めないかなー。まあ、続きへの振りのような話なので仕方ない部分もあるとは思うのだけど、次は、ちゃんと出るんだろうか(^^;。

[ ]


好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年下期」の投票受付を開始しました。〆切は、1月11日(日)まで。ご投票、よろしくお願いいたしますm(__)m。

ぽかいもの。MF文庫J、新刊。
  • [文庫] 変態王子と笑わない猫。(9) /さがら総 (→Amazon)

本の王子様:ラノベ年間トップは「SAO」 ヒーロー文庫が初のランクイン - MANTANWEB(まんたんウェブ)
まんが王八王子店の年間ライトノベルランキング。トップでSAOで、他に『魔法科高校の劣等生』や『とある魔術の禁書目録』などの定番のアニメ化したら延べ作品が並ぶ中、"なろう系"のヒーロー文庫から刊行された『異世界チート魔術師』が6位に入っているのか。

口コミだけで月間10億PV、ベストセラー続々 京都発の小説投稿サイト「小説家になろう」の歩み (1/4) - ITmedia ニュース
小説投稿サイトはほかにもあったと思うんだけど、学生が作ったサイトが10年でここまで影響力を持つにいたったのは、マジ凄いな。


2014 12 31

来月の新刊チェック。ラノベの杜 から。
  • 01/10 [文庫] 魔法科高校の劣等生(15) 古都内乱編<下> /佐島勤
  • 01/20 [文庫] とある飛空士への誓約(7) /犬村小六
アレ? 少ない……。

[Game]『古の女神と宝石の射手』。数ヶ月クリアできずに詰まっていた、タルタロス炎の冥府地下4階をクリア。ダメージ減スキルを持つデメテル、ヘラクレスに、フレのポセイドン第二幕を連れて粘ってなんとか。こんなに嬉しいことはない(T-T)。って、地下5階が、風以外まったく歯が立たないのですけど、どうすれば……。はじめて4ヶ月、課金もそこそこしていて戦力もそれなりに充実してる感があるのだけど、タルタロスもディロス島も、遅々として攻略が進まず、この先、まともに進めている人って、どんだけ課金してるんだ? マップは、ディロス島はラストなのでまだいいとして、タルタロスは、冥府が地下8階?まで、さらに、牢獄まであって、かなり絶望感があるのですが……。

[Game]『艦これ』。長らく放置していた6-1,6-2をクリア。せっかくなので、1-5もぐるぐるしてみてるけれど、山雲ドロップしないなー。