ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(1) /篠崎芳

「小説家になろう」で一番好きな作品の書籍化がきたぁぁぁぁぁっっっ!! 「小説家になろう」のページは こちら。いや、最近は、ちょっと更新ペースが落ちていて残念だったりするのだけど、もうマジおすすめですよっ!!

内容は、異世界に召喚されたものの無能だったために追放された少年が、召喚し追放した女神に復讐を誓うというもの。いやぁ、「小説家になろう」で復讐モノは多いんだけど、だいたい途中で復讐はどこかにいっちゃうんですよね。ところが、この作品は、「女神に復讐する」という目標に向かってきちんとストーリーが組み立てられているのが素晴らしい。ちゃんと物語に軸がある。「状態異常スキル」以外はステータスが低い主人公に対して、状態異常完全無効化を持つ女神というラスボス感。女神のゲスぶりや歪んだ主人公など、癖のある登場人物も魅力的っ!!

この1巻は、遺跡脱出からセラスとの出会いまで。書籍化で大きな変更はなく綺麗なイラストが付いた感じ。ただ、中の挿絵は悪くないのに、表紙絵だけみると、ちょっと売れるか不安感あるな。きちんと売れて、Web連載の更新頻度もあがると嬉しいんだけど。

[ 2018.07.28 ]


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(2) /篠崎芳

「小説家になろう」側 の連載が三か月以上止まっていたので心配だったのだけど、無事に書籍版の2巻も出ました。や、異世界召喚からの復讐モノとしてはクオリティが高くて凄く好きなんですよね。

内容は「小説家になろう」版と変わってなさそうだけど、この二巻は、国を追われたハイエルフのヒロイン・セラスと行動を共にするまでが描かれてます。単なる俺TUEEEEEでは終わらない、癖の強い【状態異常スキル】が、緊張感ある戦闘を演出していておもしろい。ただ、ちょっと分かりづらいよな。正直、なぜ、人類最強にだけ、あれほど苦戦するのかわからん(^^;。他の勇者の動向とその勇者たちとの圧倒的なレベル差も物語として楽しいところなのだけど、ただ、そのレベル差がトーカの強さの裏付けに見えないのも、多少、気になる。や、トーカはもうちょっとわかりやすく圧倒的な力を見せつけてもいいと思うわけよ。まあ、そこら辺も含めて、トーカよりも逆境に陥っている十河側のストーリー展開のほうが気になるよねー。

それにしても、書籍版は、イラストを書いてる場面のチョイスがサービスシーン多めなのが気になる。そのチョイスは、うーん、ちょっと作品の方向性とズレてる気がするんだよなー。ちゃんと打ち切られずに続編続くんだろうか。体調不良で数か月止まってたという、作者の健康状態も心配になるけれど……。

[ 2018.12.29 ]


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(3) /篠崎芳

「小説家になろう」で最も好きなシリーズ第三弾。今回は、ヒロイン追加でパーティ強化回。……挿絵を見ると、リズはともかく、イヴは全くヒロイン枠っぽくないぞ、どういうことだ?

そゆわけで、女神への復讐を誓い、鍵を持つ「禁忌の魔女」に会うために金棲魔群帯へ向かう展開の中、今回の見どころは、なんといっても呪術師集団アシントとの対決。いやぁ、裏の裏を斯く、手に汗握る展開は、やっぱ、何度読んでも凄いわ。異世界転移した元現代に生きる少年なのに、マジ、人殺しに忌避感なさすぎだろ(^^;。とにかく殺る殺る。

一方、女神サイドは、大魔帝軍との戦いのためにパワーアップを目指す展開だけど、えっと、他の異世界転移組もレベルは三桁に到達するようになっていて、主人公・トーカとの実力差はどんな感じなんだろ? いや、トーカは人類最強を倒して実力あるのはわかるのだけど、せっかくゲームのようなステイタス表示を導入してるんだから、もっとわかりやすく実力差を示すようにしてほしいよなー。

[ 2019.06.05 ]


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(4) /篠崎芳

高雄姉は、いかにも人との関わりが薄そうなのに、どうやって情報を得ているのか問題。<をい

それはともかく、「小説家になろう」で最も好きなシリーズの第四弾。この巻では、トーカ一行と勇者たちが、それぞれの目的のために金棲魔群帯へと……。と、このシリーズは、主人公のトーカ側だけでなく、女神側へ残された勇者たち側の物語もまた、たまらなくおもしろいのが素晴らしいんですよね。とにかく異世界転移してきた他の勇者たちがいい感じにキャラが立ってるのが魅力的なんですよ。桐原の歪みっぷりとか、雑魚っぷり発揮する安や小山田、孤高の高雄姉妹とか、主人公属性の綾香とか。や、綾香はすごく主人公っぽいんだけど、トーカでなくこの娘が主人公だったら、ちょっとフラストレーションたまって読めなかったんじゃないかな(^^;。

しかし、トーカのレベルアップが凄まじい一方、勇者側のレベルやステータスがよくわからないので、オーバーラップ文庫の編集の人は、ぜひとも『ダンまち』のように各キャラのステータスを載せたページをつけて欲しいなぁ。そういうページがないと、トーカの圧倒的な能力を、読者に対して見せつけられないじゃん。

[ 2019.10.29 ]


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(5) /篠崎芳

魔防の白城での大魔帝軍との激戦、すげぇぇぇぇぇっっっ!! 頼りにしていた味方たちが、これ以上なく残虐な描写で次々と殺されていく。そのエグい描写と絶望が絶望を呼ぶ展開がめちゃくちゃヤバい。マジ、エグい、エグすぎるよ……。

金棲魔群帯から魔防の白城でのあの激戦まで、一冊に打ち込んできた構成も凄いよね。なろうで連載分のストック、ほとんど使い切ってるじゃん。正直、二冊ぐらいに別けてくるかと思ったんだけど、一気に読ませに来たな。まさに圧巻っ!!

この5巻の時点で、S級勇者最強の桐原のレベルが279、トーカのレベルが2500。レベル差だけならトーカの圧勝なんだけど、他のなろう系作品のようにステータス表示がないのが、やっぱ残念だなぁ。敵のパワーバランスがよくわからない。トーカの活躍で、大魔帝軍は一時撤退ぽいのだけど、大魔帝には軽く桐原をボコれるぐらいのステータスは期待したいところだよなぁ。

[ 2020.04.28 ]


オーバーラップ オーバーラップ文庫
ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで(6) /篠崎芳

大魔帝軍との激戦のあと、セラスとのラブラブモード。<をい

前巻での激しい戦闘の後だけあって、今回はいったん休憩。いや、後半の「勇の剣」との闘いは凄かったけどなー。今回は、桐原といい、「勇の剣」といい歪んで薄っぺらい人間の描き方が上手いわー。特に桐原、登録者20万人程度のYouTuberの言葉を真に受けるとか(笑)。とにかく、桐原の薄っぺらさが酷いんですけど、一応、勇者の中では最強の一角なのに、まだこのタイミングで雑魚っぽい描き方するのはちょっと早いと思うんだけど、どうなんだろ? もう、トーカの対抗馬としては委員長を推しに徹していくのかしらん? まあ、トーカとの相性を考えたら、もともと桐原は雑魚でしかないんだけど。

次からトーカに関しては禁呪を手に入れてパワーアップ展開なのはわかるんだけど、大魔帝軍含め世界情勢の先がまったく見当つかない。なんだ? 最後の展開はっっっ!!(爆笑)。いやー、先が楽しみで楽しみで仕方ないんだけど、Web版の最新話もちょうど6巻のラストまでなんだよなー。早く先が読みてー。

[ 2020.12.14 ]