月とライカと吸血姫


小学館 ガガガ文庫
月とライカと吸血姫 /牧野圭祐

米ソの宇宙開発競争が過熱していた1960年。ソビエト連邦は世界初の有人宇宙飛行を目指し、実験台として犬や猿の代わりに吸血鬼を宇宙へ送る「ノスフェラトゥ計画」を進めていた……。って、舞台はソ連ではなく仮想の国かっ!!

そゆわけで、実験台に選ばれた吸血鬼の少女とその監視役の少年との、良い意味で、非常にベタで予想そのまんまなボーイ・ミーツ・ガール。素人は先の読めない展開を望みがちですが、王道こそ正義。素晴らしきかな、ベタでベタベタな展開。これぞ至高。予想通り、期待通りに、きちんとラストで泣かせる展開は、マジ素晴らしいっ!!

ただ、もったいないのは設定で、史実のソ連の宇宙開発をベースにしてるのだけど、そうであるなら、もっと細部まで史実に寄せてリアリティレベルも上げて、単なるボーイ・ミーツ・ガールだけで終わらない物語に仕立てるか、もしくは、もっとファンタジーの色をのせて、よりドラマチックな物語にしてほしかった気がするなー。中途半端な史実が、中途半端に足かせになってる印象。いや、ソ連の宇宙開発のエピソードやソ連の風習についてもそんなに詳しいわけではないので、詳しかったら、実は違う感じ方をするのかしらん?

[ 2017.01.24 ]


小学館 ガガガ文庫
月とライカと吸血姫2 /牧野圭祐

正直、2巻は蛇足にしかならないと思っていたのだけど、予想に反して、これは素晴らしいわぁぁぁぁっ!!

ソ連の初の有人宇宙飛行を下敷きにしたシリーズの第二弾。いやー、この『月とライカと吸血姫』って、1巻で綺麗に纏まっている上に、当時のソ連の状況を考えると、たとえ続きを書いても、あまり幸せな未来が待ってるようには見えなかったんですよね。ソ連の宇宙開発史って、ガガーリンの有人宇宙飛行辺りが絶頂期で、その後、チーフは死にガガーリンも死に、わりと酷いことになってるんですよね。そもそも、あの共産主義の中、個人の力で問題を解決するような物語を想像できなくってさー。まあ、2巻が出ても、強引な展開のいまいちな物語にしかならないと思ってたわけです。

ところがっ、いざこの2巻を読み終えてみると、ああぁ、1巻で終えるとかありえないわ。いや、きちんと納得できるハッピーエンドで、これは素晴らしい。レフとイリナの絡みもあまり多くないのだけど、共産主義下の国家権力によって離れ離れになる展開は、他のファンタジーと比べても緊張感がハンパなくて、これぞ、ソ連をベースにした効果だよなぁ。まあ、ラストに繋がる展開は、強引といえば強引なんだけど、思ったよりも違和感は感じなかった。素直にレフとイリナの幸せな未来が感じられるラストで、確かに、これがなければいけない。第二部も、いや、核戦争の危機とかはいらない気はするのだけど、やはり幸せな未来を感じさせるラストで、……って、もしかして、第二部、マジあるの???

[ 2017.05.24 ]