好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! - 2015年4月


2015 4 3

メディアファクトリー MF文庫J
絶深海のソラリスII /らきるち

マジ、この作者、巧い。ある意味綺麗に終わっていた あの1巻のラストから、こういう続編に仕立ててくるとは。手に汗にぎる、普通に凄く面白いライトノベルになっているっ!! ……そう、圧倒的なインパクト、パニックホラーをベースにした絶望的な展開で話題を集めた1巻から比べると、良くも悪くも、やけに普通のライトノベルになったなー。忌むべき怪物・アンダーの登場により滅びの淵にある世界、にもかかわらず、そのアンダーを生み出したオリエント連邦は、未だアンダーの軍事利用を止めようとしない。そして、ミナトは復讐に燃え、巨大なオリエント連邦に立ち向かう、と。単巻完結かと思っていた1巻から変わって、いきなり長編シリーズを視野に入れた作りだよな。1巻は『このライトノベルがすごい!』でランキング上位だったのだけど、その効果が売り上げにも出てるのかしらん(^^;。

それにしても、1巻はホントに絶望的な展開だったのだけど、今回はストーリーの要請から見ても、わりと安心して読めてしまうのは、ちと残念かしらん。まあ、「ですよねー」という感じ。それにしても、ミナトは、便利に進化しすぎだろ(^^;。えっと、ミナトの能力があれば、正面からオリエント連邦に対峙しなくても、いろいろとやり様はあるんじゃね。……しかし、1巻の学園ラブコメは、非常にクオリティが高かったのだけど、もう、学園ラブコメが望めなくなってしまったのも、少し残念かしらん。アイシュワリンやシャロンとのあれこれには期待だけれど、1巻の事件が重いので、ラブコメな展開は、多少、違和感があるんだよなー。

[ 絶深海のソラリス ]


2015 4 6

メディアファクトリー MF文庫J
ひとりで生きるもん! 2 およめ券のその後 /暁雪

うひゃ〜〜〜〜〜〜、ニヤニヤが止まらない〜〜っっっ!!

1巻で綺麗に終わっていたので、「どうすんの?」と思ってたのだけど、なるほど、二部構成の恋愛ゲームみたいなものか。第一部で二人が結ばれるまでを描き、第二部では二人が結ばれてからのいちゃラブを、濃厚にこれでもかっと描くという、アレですよアレ。かつて二人が結ばれてエンディングを迎えていた恋愛ゲームが、1990年代後半に二部構成を取り入れることにより格段に萌え的に進化したのだけど、うわぁ〜、やっぱ、この二部構成は凶悪だわ。フランスへ旅立った千紗が、夏休みを利用して慶人に会いに来るという話なのだけど、好き会っている二人がひたすらいちゃいちゃしていて、これはたまらんわっ!!

ひたすら千紗と慶人がいちゃいちゃしてるのは、とにかくたまらないのだけど、しかし、これでなんで、ぇちシーンがないんだ?<をい これほどの仲であれば、いたしてしまうのが当然だと思うし、してることはしてるのだけど描写していないだけ、と解釈できなくもないけれど、ここら辺は、MF文庫Jの限界なのかなぁ。もし、レーベル的にぇちシーンが書けないのであれば、だったら、下ネタの扱いは、もう少し変えるべきじゃないかしらん。ぇちなしの恋愛というには、ちと違和感あるよねー。

なにはともあれ、これで今度こそ、綺麗に終了か。ファンタジーな要素が欠片もない、珍しくド直球なラブコメで、非常に良かったですっっっ!!

[ ひとりで生きるもん! ]


2015 4 7

幻冬舎 幻冬舎コミックス
翼の帰る処5 ―蒼穹の果てへ― /妹尾ゆふ子

マジに、皇女と結婚しそうな勢いだなっ!! 今回は、真っ赤になった皇女が最大の見せ場(*^^*)。……皇女の、王座を取るとか既成事実を作るとかの発言があったわりには、大きくストーリーが動くわけでもなく、盛り上がりは抑え目な印象の今回。あー、さらにいえば、ヤエトが倒れることもなく、粛々と業務をこなしていくような展開だったなー。そろそろ、シリーズも終盤らしいので、エンディングに向けて倒れる暇もなく舞台を整えているような感じかしらん。辺境に左遷された隠居というかニート希望のおっさんが主人公というこのシリーズも、いよいよ大詰めかー。どんな結末になるか、楽しみだっ!!

[ 翼の帰る処 ]


[TVA]『ダンまち』#1。今期のアニメでは、今のところダントツに面白いけれど、こー、衣装が破廉恥すぎる(^^;。原作読む限りでは、普通のファンタジー作品で、破廉恥な印象はなかったんだけどなー。……しかし、Amazonのライトノベルのベストセラー を見ても、上位が『ダンまち』一色になっていて、凄い人気やね。

[TVA]『アルスラーン戦記』は、エンディングが遊佐未森でなくて残念。<をい 昔は遊佐未森が好きで、90年代に放映された『アルスラーン戦記』の映画も、エンディング目当てで見に行ったのだけどなー。まあ、そもそも、『アルスラーン戦記』の原作は未読で、映画の内容もさっぱり覚えていないけど(^^;。

あとは、[TVA]『長門有希ちゃんの消失』が、長門ぉぉぉっっ!! この作品、つまり、『涼宮ハルヒの消失』をそのまま、長門視点で再構築した二次創作なんですよね? 『涼宮ハルヒの消失』の映画(→感想)は、マジ素晴らしかったので大期待っ!!

2015年度 Web小説BESTランキング Webアンケート│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
宝島社が『このWeb小説がすごい!』を出すのか。富士見の「この「小説家になろう」がアツイ!」と丸かぶりだっ!! や、なろう系以外も一応対象なんだろうけど。


2015 4 10

講談社 講談社ラノベ文庫
彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ /竹井10日

やはり、正ヒロインは、菜波かぁぁぁぁぁっっっ!! 現実世界に戻って姉弟設定を取り入れたにもかかわらず、ここに来て、仮想世界でのあの切ないクリスマスイベントを、ちゃんと布石として使ってくるとか、もう、せつなすぎだろっっっ!! ……やはり、他のヒロインたちに比べて、菜波は一段扱いが違うなぁ〜〜。

そゆわけで、体育祭再びでクエスト寮に瑠璃その他が再加入という話。2号(笑)。や、第一部の瑠璃の泣ける展開を想うと、この瑠璃の設定は素晴らしいのだけど、本物の瑠璃の影が薄すぎて、ちょっと不憫(^^;。なんやかんやで、ヒロインたちもほぼ再結集という感じになったけれど、やはりヒロインたちの中で、菜波が別格な扱いだなぁ。天界軍との戦いでも、重要なポジションを占める流れだよね? ……この第二部は、今回の体育祭のように、第一部のイベントを再現していく流れになってくのかしらん? なんだか、結局、やってることは第一部と一緒になってしまってる気が。クリスマスとかバレンタインとか楽しみだけど、わりと先が長いな。

[ 彼女がフラグをおられたら ]


[Game]『古の女神と宝石の射手』。タルタロスの攻略キャンペーンを開催中だけど、冥府地下7階と牢獄地下4階のクリアって廃人向けすぎる。私は、半年と少しで、冥府の地下5階があと少しでクリアというレベルなのだけど、今回のキャンペーンに挑むレベルのプレイヤーって、いったいどういう人たちなんだ? ……しかし、このキャンペーン、報酬がいまいちな上に週次のイベントとはリンクしていなくて、相変わらず、このゲームの運営って、オタクコンテンツのなんたるかが、わかってないよなー。

まんが王:電子化と消費増税直撃でマンガ専門店閉店へ 30年の歴史に幕 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
閉店の理由が「電子書籍の急速な普及」と「消費税増税の買い控え」とのことだけど、電子書籍って、そこまで影響与えてるのかしらん?


2015 4 12

角川書店 スニーカー文庫
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! /竜ノ湖太郎

アレ? てっきり、もう一波乱あるのかと思ったのだけど、一冊丸ごと後日談か。いや、前巻ラストで十六夜が敗北ということだったので、アジ=ダカーハへの勝利の裏にさらにラスボスでも控えている展開かと思ったのだけど、単に勝ち方が気に入らなかっただけだったと。まあ、なにはともあれ、これで第一部完了。

そういうことで、ちょっと期待を空かされてしまったのだけど、まあ、第一部の後片付けと第二部への準備という回。問題児三人が悩みながら次の一歩を踏み出すということで、まさに「進路相談」ですな。後日談なのでそんなに盛り上がる展開があるわけでもないのだけど、いろいろとビックリするような謎解きもあり、特に、フェイスレスがまさか(^^;。……問題児三人が別々の進路に歩みだし、そして、新しい問題児が顔を出す流れだけど、第二部は主人公三人が交代!? でも、あとがきでは、「中身は変わらない詐欺」とか「主人公は渡さない」とか書いてあるんですか?? 第二部はどうなるんだろ。

[ 問題児たちが異世界から来るそうですよ? ]


[TVA]『デレマス』#終。全話通して丁寧に作られていて、非常にいいアニメでした。好み的には杏とみくが好きだけど、蘭子の成長が素晴らしい、というか、素になるところのギャップが可愛くていいねっ。……周囲にいるメンバ外の濃いアイドルたちも気になるのだけど、ゲーム他アイマス系の関連商品には手を出してないのでわからん。エンディングの悪の女社長っぽいラスボスは誰!? 夏には第二期らしいし、ちょっと勉強しないといけないのかしらん。

出版社の倒産、前年度比 53.3%増 消費増税の影響も - EconomicNews(エコノミックニュース)
スマホの普及と消費税増税が原因か。中小出版社だと、対応しようがないよね……。

”例の紐”で話題のヘスティア様が出ている「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のことをWikipediaより詳しく紹介! - フラン☆Skin はてな支店
TVアニメが大好評な『ダンまち』の、Webでの小説連載からTVアニメ化までの来歴。詳しい。


2015 4 14

アスキー・メディアワークス 電撃文庫
新約 とある魔術の禁書目録(12) /鎌池和馬

さすがにご都合主義すぎるだろっ!! 面白さにムラのある鎌池和馬だけど、これは下手で駄目なときの鎌池和馬だなー。ご都合主義で酷いストーリーな上に無駄にページ数だけ多くて、これはアカン。浜面、当麻をサポートに、新たなレベル0の少年が稀代の魔術師に立ち向かうというコンセプトは悪くないと思うのだけど、ストーリーメイクが酷くて、ぜんぜん面白くない。

そゆわけで、かの有名なサンジェルマン伯爵が登場。これに以前死んだフレンダの友人が絡んでくるという話なのだけど、まあ、フレンダ絡みの話なので、浜面をはじめとしたアイテムのメンバーも出さなきゃいけないし、もちろん、主人公の当麻がいないと話にならん。でも、浜面や当麻のストーリーへの絡ませ方が、あまりに下手だろ。さらに、麦野やインデックスの扱いが、これがまた微妙すぎる。いやー、ストーリー展開が、なにもかも強引で無理やりでご都合主義すぎて、それでいて展開自体はつまらなくて、なんだかなー。みんなが同じビルに集まったり、いきなり戦いだしたり共闘しだしたり、この展開で納得しろというのは、さすがにないわー。まあ、いちばんの見所である加納神華がサンジェルマンと対峙する見開きのシーンは悪くなかったけれど、良かったのはそれだけか。あ、あと、第三のビールはちょっと笑った。ちんまくなったオティヌスも楽しいけれど。……次回は美琴回らしいので、次を楽しみにしよう。

[ とある魔術の禁書目録 ]


最近、夜眠れない上に耳鳴りが酷いなぁ。ストレスかしら? ここ数年、年のせいか、いろいろ身体にガタがきてるんだよなー。

ライトノベル作家を脱税容疑で告発 東京国税局:朝日新聞デジタル
読者および関係者の皆様へ - 橙乃ままれ公式サイト
『ログ・ホライズン』の橙乃ままれが申告漏れ。3年で1億2千万円の所得かー。


2015 4 16

ソフトバンククリエイティブ GA文庫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 /大森藤ノ

人間ひとり300万が相場な世界で、ナイフ1本2億……。そんな高価なナイフをすぐに失うベルくんって……。

今回は、遊郭を牛耳るイシュタルにベルが目をつけられる話。あとがきに「今回の話は劇場版みたい」とあるけれど、なるほど、ヒロインに出会って救うまでを、一冊で綺麗に纏めた話になってるのんな。捕らわれのお姫様を救う英雄譚を踏まえた展開そのままで、ベルくんかっこいいっ!! って、そのヒロインの春姫が、ド直球にヒロインらしいヒロインしてるのだけど、ヘスティアやリリ、シル、エイナさんの立場は。いやー、【ヘスティア・ファミリア】が、着実にベルのハーレムになってるなー(笑)。

春姫を巡る物語の裏で、ベルくんへの注目のされ方に、ヘスティアもさすがにおかしいと気づきはじめ、フレイヤも表に出始めるという感じだけど、今後は、いよいよオラリオ最大派閥の【フレイヤ・ファミリア】との対決という構図になっていくのかしらん? 春姫登場は、戦力補強の意味合いもあるんだろうけど、さすがに、アイズたんを超える敵はキツイよな。あー、でも、考えてみれば、今回のイシュタルのような手段がベルには効かないとなると、ファミリア間の武力抗争になっていくわけではなく、フレイヤがベルくんをあの手この手で誘惑するラブコメ展開が中心というのもありえるのか。<をい。とにかく、続きも楽しみだっ!!

……しかし、今回のイシュタル、そこまで酷い扱いをされるほどの悪い神でもないのに、さすがに不憫すぎる(^^;。

[ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ]


Amazonのライトノベルのベストセラー は、ますます『ダンまち』が無双していて凄いことになってるな。

「ライト文芸」現代の中間小説 漫画世代に向け創刊ラッシュ:朝日新聞デジタル
“最近のラノベは中高生の欲望を刺激することが主軸になっている”というエアロ文庫の小俣賢司氏とか、“会話文が中心のラノベと比べ、地の文が一般文芸のレベルに達した作品がライト文芸”というT-LINEノベルス監修の大橋崇行氏とか、「レベルの低いラノベは終わりでこれからはライト文芸だ」という趣旨の話を、実績が微妙なレーベルに言わせている辺りに趣がある。

「紙書籍購入で電子書籍の読書機会を提供するサービス 読割50(よみわりごじゅう)」を開始 | DNP 大日本印刷株式会社
紙の本が保管用という位置づけならば、電子書籍購入→紙書籍50%オフという感じで逆にすべきだよね。「なろう系」が売れているのも踏まえると、スマホやパソコンで読んだあとでも紙の本を手に入れたい層がたくさんいるということなんだろうし。

杉江松恋氏が語る「小説新人賞応募作品のいろいろ問題点」 - Togetterまとめ
下読みした新人賞応募作の多くは、“読者を「もてなそう」「楽しませよう」という態度が皆無”ということ。ただ、まだプロになってないのであれば、「読者を楽しませる」より「書くのを楽しむ」ことをむしろ優先してもいいと思うので、そこを批難するのは酷だよなぁ。そもそも、情報の提示方法が技術的に未熟なだけで心構えの問題ではないような。


2015 4 20

メディアファクトリー MF文庫J
焦焔の街の英雄少女2 /八薙玉造

異世界の敵により品川などが壊滅した世界で、唯一その敵に対抗できる武器に選ばれた本来は気の弱い英雄・杏と、それを見守る少年・光義を描いた物語の第二弾。うわー、さすが、八薙玉造。設定がエゲツないなぁ。いかようにも悲劇に持っていけそうな光義の身体のアレが酷いな。ただ、前巻ラストでいきなり光義がアレして、どうなるんだ、これ?と思ったわりには、ストーリーはそこまでハードには進まないか。相変わらず、キャラ同士の会話が楽しく、表面的なノリの軽さと設定のエゲツさのギャップが非常に上手いよなぁ。そしてまたもや、ラストが凄い引きなのだけど、続きが気になるー。

[ 焦焔の街の英雄少女 ]


[漫画]『修羅の門 第弐門(16) /川原正敏』(→Amazon)。うわっ、どうして今更そんな父親の設定を出してきたっ!! そして、えっ、まさか、海堂or片山戦をやるのかっ!? うわぁ、凄く楽しみだけど、でも一方で、むちゃくちゃ期待のハードルが高いのだけど、大丈夫なんだろうか。ここ数巻の『第弐門』は往年の『修羅の門』の面白さを取り戻しているけれど、さすがに、海堂、片山を持ってくるのは不安だなぁ。

ラノベファンはけがれなき天使のように繊細すぎるのではないか - らぶゆーブログ
もちろんラノベファンが天使だっだり繊細だったりするわけではなく、「最近のラノベ」というキーワードが、バカ発見器としてあまりに優秀でネタとして面白すぎるんだよね。いや、単に「ラノベはゴミだ」と言うんだったらさほど問題ではないのに、なぜかそういうバカな人に限って「昔と比べて最近の」と言い出す愉快な現象。

あの頃「テキストサイト」を愛していたすべての人に捧げたいライトノベルがあります。『天網炎上カグツチ3』、本文一部公開。 - やや最果てのブログ
ライトノベルにしては、狙ってる読者層が狭いというか高すぎるだろ(笑)。

モンスター文庫から出版される「ぼっちがハーレムギルドを創るまで 」の表紙に作家自ら不満を漏らし謝罪へ : まとレーベル@ラノベ新刊情報まとめサイト
よくある作家と担当編集のコミュニケーション不足だと思うのだけど、なろう系だと既存ファンもいるんだろうしなぁ。


2015 4 21

メディアファクトリー MF文庫J
焦焔の街の英雄少女3 /八薙玉造

テロ組織《八雷》に捕らえられた光義。光義を失い我を忘れる杏、一方、光義は、悪の組織のイメージとは真逆の《八雷》の実態を知り……。と、《八雷》の目的とこの世界での立ち位置を考えると、前巻の《八雷》の行動は違和感しかなかったのだけど、なるほど、そう来たかー。非常に納得の行く展開で、これは上手いわ。そして、杏の駄目っぷりがもう(笑)。……しかし、もっと悲惨な展開も覚悟していたのだけど、わりと優しい世界線だなー。エゲツない伏線を仕込んでいる気もするのだけど、このままコミカルな感じでいくのかしらん?

1巻、2巻は引きが凶悪だったのに、今回は、まるで一段落ついたようなラストで、えっと、続き、出ますよね?

[ 焦焔の街の英雄少女 ]


出版月報 2015年3月号「特集 2014年文庫本マーケットレポート」ライトノベル関連 - Matsuの日記
ライトノベルの売り上げは2012年を頂点にピークアウト。売り上げが落ちている主な原因は、新しいヒットシリーズが出ていないこと。従来の文庫本サイズのライトノベルは低調だが、30代男性向けのB6&新書判や、40代女性向けのライト文芸は売り上げを伸ばしている、と。てか、ライト文芸、女性向けで年齢層高めとは聞いていたけど、メインの年齢層って30代ではなく40代だったのか。

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート: 開催中止に至る経緯 - ktgohan blog
途中で入ったスタッフが、掻き回すだけ掻き回してイベントを開催不可能に陥れたところで、主催にすべての責任を押し付けて逃亡、という感じなのか。中止直後のtogetterまとめは ここ。主催は、今後、弁護士、警察へも相談していくようだけど、逃げたスタッフはイベントを潰しただけでなく、運営費の使い込みなり金銭的な問題も起こしていたということ?


2015 4 27

小学館 ガガガ文庫
さびしがりやのロリフェラトゥ /さがら総

さがら総、無茶しやがって……。いや、最後まで読めばいい作品だとわかるのだけど、多分に実験的な作品で、加えて序盤がつまらない。さがら総のネームバリューがあって、かつ、ガガガ文庫じゃなかったら、出版されなかったんじゃないかしらん?

そゆわけで、いつもはMF文庫Jな さがら総のガガガ文庫での新作。旧校舎に住む吸血鬼を中心に、各章ごとに語り手を変えて描いていく作品、と。同じ展開を異なる視点で描く手法は、まあ、そこそこよくある構成だとは思うけれど、でも、ここまでその視点の違いを使って、インパクト重視の遊び心あふれる作品にするのは、かなり挑戦的だと思うぞ。そして、とにかく、語り手の一人であるライトノベル作家・常盤桃香が、いろいろとヤバすぎる(笑)。……序盤はつまらないのだけど、シギショアラ、結と、視点が変わっていくたびに、おもしろさが倍化していくのが素晴らしい。ラストも綺麗で読後感もいいのよなー。でも、実験的にいろいろ試して書いてるような感じが強くて、万人受けするような作品じゃないよね、これ(^^;。

あとがきを読むと、続編の可能性も視野に入れてるみたいだけど、比較的綺麗に終わっているし、正直、続編を書くようなタイプの話じゃないような。アイデアとインパクトの一発勝負みたいな内容なので、続きがあるとしたら、どうするんだ?

[ さびしがりやのロリフェラトゥ ]


今期アニメでは、『響け♪ ユーフォニアム』が、凄くいいねっ!! 青春っ!! 青春っ!! 人間関係に悩んで揺れるような、いかにもな青春ドラマがたまらないっ!!

Dies iraeアニメ化プロジェクト
クラウドファンディングだと……。目標金額3,000万円って、TVアニメ2話分ぐらいになるのかしらん? 出資するファンの中に、株やFXをやってるような層が多ければ簡単に集まりそうだけど、そうじゃないときつそうだよなぁ。[WIN]『Dies iras』は、lightのAS大賞で審査員だった ので、印象深い。

KADOKAWA、アマゾンと紙の本を直接取引 大手で初  :日本経済新聞
Amazonは、電撃文庫とかがわりと早く品切れになることも多かったので、そこが改善されると嬉しいかしらん。

comicoは小説も変えていく――comico、ノベルカテゴリを新設 - ITmedia eBook USER
comico ノベル
無料スマートコミックサービス「comico」が新たにノベルも提供、と。作品投稿機能も準備予定ということは、なろう系の対抗になってく感じかしらん。

【ラノベ】 月に何冊ライトノベルが発売しているか調べてグラフにしてみた : まとレーベル@ラノベ新刊情報まとめサイト
全体の刊行数は年々増加しているが、ライト文芸やなろう系ノベルスを除く男性向けライトノベルに限定するとここ数年は頭打ち。男性向けライトノベルに限定すると、2000年代前半が40-60冊/月だったのが、今は100-120冊/月とほぼ倍に増えている感じか。


2015 4 30

来月の新刊チェック。ラノベの杜 から。
  • 05/10 [文庫] 魔法科高校の劣等生(16) 四葉継承編 /佐島勤
  • 05/10 [文庫] 白銀のソードブレイカーIV ―剣の絆、血の絆― /松山剛
  • 05/15 [文庫] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 /大森藤ノ
  • 05/25 [文庫] 変態王子と笑わない猫。10 /さがら総
今月の本編に加えて、外伝も重ねてくる『ダンまち』は、商売上手だなぁ。

[Game]『艦これ』。一昨日から始まった春イベントは、E-4までクリア。E-3 Dマスの軽巡棲姫には一発大破祭りで泣かされたけど、それ以外は、まずまず順調かしらん。まあ、本番はこれからなんだろうけど。

サーガフォレスト創刊 | 一二三書房
また、なろう系のレーベルが増えるのかっ!! 桜ノ杜ぶっくすの一二三書房から、6/15にWeb小説レーベルの「サーガフォレスト」が創刊。

作家が持つ「めんどくさい自意識」 - Togetterまとめ
須賀しのぶのtweetに榎木洋子が反応してそれを竹岡葉月が拾うとか、世代を超えた豪華作家陣の競演という風で凄いな。

ラノベ作家と絵師との交流は御法度だった!?榊一郎さんの業界昔話 - Togetterまとめ
『アーマードール・アライブ』のトラブル を思い出す。<をい 一般的な仕事だと、外注同士が元請に断りなくやり取りするのはあり得ない話なので、「勝手にやり取りするのを注意した」というレベルであったのなら、社会人の対応としては常識的な気が。って、その注意の仕方が頭ごなしで問題だったということかしらん。