好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
楽聖少女 /杉井光

ユキの両親がなにものか、わたし、気になりますっ!!

うわぁ、杉井光のお約束すぎるっ。杉井光らしい主人公と杉井光らしいヒロインが、杉井光らしい掛け合い漫才を繰り広げながら、杉井光らしい展開で進んでいくという、もう、杉井光らしさのオンパレード。ふんだんに音楽を取り入れているところも『さよならピアノソナタ』を彷彿とさせ、マジ、杉井光満載の内容ですげぇぇぇーーーーっ!! いや、杉井光作品は、どの主人公も性格が一緒というスターシステムを採用しているのは有名だけど、ヒロインも『神様のメモ帳』のアリスのツンデレな性格そっくりで、どこまでほんと、杉井光作品のいいとこ寄せ集めな作品だよっ!!

内容は、ふつーの高校生が、悪魔の仕業で200年前のヨーロッパにタイムスリップして文豪ゲーテとなり、ベートーヴェンら音楽家と交流を持つ、という話。っていうか、まさかのベートーヴェン女体化かよっ。ようは偉人女体化の歴史モノなのだけど、私は、ゲーテの著作どころかクラシック音楽や世界史も疎いのが、ちと残念。まあ、歴史関係なく、いつも通りの杉井光節を楽しむような作品だけど(^^;。そして、最後の手紙が、ベタなだけに泣ける(T-T)。まだまだ、謎も多く、今後が楽しみなシリーズです。

[ 2012.05.18 ]