好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


早川書房 ハヤカワ文庫
天冥の標III アウレーリア一統 /小川一水

1巻が西暦2800年、2巻が現在、そして今度は、西暦2310年だとぅ。いや、単巻としてみてもスペースオペラとしてきちんと面白く、そして、1巻、2巻との繋がりににやにやしつつ楽しめるという、いやぁ、読んでてホント、楽しい楽しいっ!!

西暦2310年太陽系内に生活圏を広げた人類。強襲砲艦エスレルの艦長アダムスは、宇宙海賊の掃討に心血を注いでいた……。という感じで、1巻の500年前、2巻から300年後を舞台にしたロマン溢れる海賊退治っ!! いやぁ、おもしろいおもしろい。でも、アダムスは男の娘ではなく素直に女の子にして欲しかった。や、宇宙戦闘は楽しいのだけど、恋愛要素が少ないのが、個人的には残念無念。

それにしても、1巻2巻と読んで、1巻と2巻の世界を交互に描くような構成なのかしらん? と予想してたのだけど、このシリーズ、1000年に渡る歴史でも描くつもりか、すげぇ。1巻の固有名詞ががんがん出てきたり、2巻のその後を伺わせる話があったり、シリーズものとしてもにやにや楽しい作りで面白いんだけど、……1巻の続きはいつ読めるんだ?(^^;。

[ 2010.07.16 ]